各種保険取り扱い
急患・新患 随時受け付け 予約無しでも可

〒540-0021 大阪市中央区大手通2-2-6

TEL:06-6943-5578

歯牙移植

薬で治す無痛歯科治療 3Mix-MP法 CDRG友の会会員 本城歯科医院
HOME»  歯牙移植

歯牙移植とは

歯が欠損すると「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」による治療を行うのが一般的ですが、親知らずや骨の中に埋まっていて機能していない自分の歯をドナー歯として、欠損した別の場所に移植する「歯牙移植」という治療方法もあります。

移植する歯の根っこには、歯根と歯槽骨を繋ぐ組織である「歯根膜(しこんまく)」が存在しています。この歯根膜があるからこそ、歯は簡単に抜けません。歯牙移植ではこの歯根膜を持つ自分の歯を移植する再生療法の一種で、移植後には自然な形で、自分の歯として噛むことが可能になります。

歯の欠損を入れ歯やブリッジ、インプラントで治療をしようと考えていた方も条件さえ合致すれば、歯牙移植にメリットがある場合があります。詳しくは当院にご相談ください。

親知らずを用いて行なう歯牙移植は保険適用となります。

歯牙移植の条件

  • 使われていないドナーとなる歯があること
  • ドナーとなる歯が歯周病にかかっていないこと
    ※歯周病にかかっていると歯根膜が残っていない場合がある。
  • ドナーとなる歯が複雑な形でないこと
  • 移植する部分とドナーとなる歯の大きさが近しいこと
  • 移植する部分の顎の骨量が十分であること

歯牙移植のメリット・デメリット

メリット

  • 移植後、他の歯と同様にいろいろな治療(矯正治療など)が行える。
  • 入れ歯のような違和感がない
  • ブリッジと異なり、両隣の歯を削る必要がない
  • インプラントより比較的安価で治療できる
  • 異物反応が起こらないので、アレルギーの方でも治療ができる
  • 保険適用されるケースがある(※親知らずを移植する、抜歯日に移植をする場合のみ)

デメリット

  • 条件に合致しないと、治療ができない

歯牙移植とインプラント治療との比較

  歯牙移植 インプラント
ドナー歯 必要 不要
手術回数 1回 1~3回
手術箇所 2箇所 1~複数箇所
歯根膜 存在する
(噛み心地がある)
存在しない
(噛み合わせが変化する)
術後の歯の矯正 可能 不可能
治療期間 4~5ヶ月 6~12ヶ月
費用 一部、保険適用 自費診療

歯牙移植治療の流れ

  1. 親知らずなどを抜歯して、移植する。
  2. 移植した歯の神経の治療をする。
  3. 移植した歯に被せ物をして治療完了(※移植は歯の根の部分を利用します。)

※麻酔をして治療するため、痛みの心配はありません。
※治療が成功しても、定期的にメンテナンスを行ってください。

PAGE TOP