各種保険取り扱い
急患・新患 随時受け付け 予約無しでも可

〒540-0021 大阪市中央区大手通2-2-6

TEL:06-6943-5578

歯周病治療

薬で治す無痛歯科治療 3Mix-MP法 CDRG友の会会員 本城歯科医院
HOME»  歯周病治療

歯周病とは?

歯周病は、歯の表面にプラーク(歯垢)・歯石が付くことで、その中の細菌が繁殖して、炎症を起こし、歯を支えている歯肉・骨(歯槽骨)が破壊される病気です。いつまでも健康な自分の歯を持つためには、むし歯・歯周病から歯を守ることが大切です。

歯周病は、高血圧や糖尿病と同じように成人病であり、成人の80%以上の方が罹っていると言われています。しかも、なかなか自覚症状が出にくく、症状に気づいたときは、もう手遅れの場合が多く、残念ながら、歯を失うことになってしまいます。

8020運動をご存知ですか?

8020(ハチマルニーマル)運動とは「80才になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動のことです。平成元年より厚生労働省と日本歯科医師会が推進しています。

厚生労働省の「成人歯科保健対策検討会中間報告」には「残存歯数が約20本あれば食品の咀嚼が容易であるとされており、例えば日本人の平均寿命である80歳で20本の歯を残すという、いわゆる8020運動を目標の1つとして設定するのが適切ではないかと考えられる」との記載があります。いつまでも美味しく食べられる幸せを実感するために、80歳で20本の健康な歯を残すことを目指していきましょう。

しかしながら、80歳日本人の平均残存歯の数はたったの5本です。
この背景には、歯を失う原因で最も多い「歯周病」が関係しています。積極的に歯周病の予防と治療を行いましょう。

歯周病のおそろしさ(全身への影響)

生活習慣病としての歯周病は歯を失う原因であるだけでなく、心臓病、糖尿病、リウマチ、早産、低体重児(未熟児)出産そして誤嚥性肺炎など多彩な全身疾患との間で強い影響を与えています。

最近では歯周病菌が産生する酪酸という物質が、アルツハイマー病の発症リスクを上げる因子となっていることが研究で分かってきました。

歯周病を予防することが、全身の健康にとっていかに大切かを患者さんに理解してもらいたいと願っています。

>>歯周病は感染症
~歯周病菌は全身を駆け巡る~

歯周病の治療

  • プラークコントロールは歯周病の基本治療。
    ブラッシングによる徹底的なプラーク除去(プラークコントロール)を指導し、正しい歯磨きを生活習慣として定着させます。
  • 歯周ポケットの中へアプローチ。
    ブラッシングでは除去できないポケットの中で生活する細菌や歯石をスケーラーという道具を使って徹底的に除去し、歯周病に侵され弱った組織を回復させます。
  • 重度歯周病には手術も必要。
    残念ながら、あまりにも病状が進行してしまった場合には、消失した顎の骨を再生させる目的で種々の歯周外科処置を行います。
  • 口腔(こうくう)単位の治療。
    歯を喪失してしまったら、入れ歯やブリッジという欠損補綴やインプラントを検討。歯並びが悪く、歯周病治療の妨げになるケースでは矯正治療も取り入れます。

歯周病の再発予防・大切な定期健診

歯周病は治療が終わったらそれでおしまいではありません。再び、歯周病にならないために予防することが大切です。
歯周病再発予防にはブラッシング(歯みがき)で口腔内を清潔に保つことが一番です。自分自身で継続的に行いましょう。歯科医院で正しいブラッシングの指導を受けることをお勧めします。

歯科医院では、自分で取り除くことのできない歯石の除去(スケーリング)を定期的に行ったり、歯の表面を滑らかにしてプラーク(歯垢)をつきにくくするPMTC(専門家による機械的歯面清掃)を行います。
症状が起こってから歯科医院に行くのではなく、定期的に歯科医院で健診を受けることで、大切な歯を守りましょう。

定期健診をしていれば早い段階で治療でき、歯の負担が少なくて済みます。1人1人の状況に合わせて、年に1~2回(※お子様の場合は4ヶ月に1回程度)をお勧めしています。

歯周病と生活習慣病について

歯周病が肥満、高血圧に代表されるメタボリックシンドロームや糖尿病と深い関わりがあることを皆さんはご存知でしょうか。

前回は歯周病が細菌感染症であることをお話しましたが、これからは歯周病と生活習慣病について数回に分けてお話したいと思います。

第一回『高血圧の患者さん・降圧剤の副作用』

写真にあるように歯肉が腫れる形には大きく分けて2種類あります。

症例(平成8年3月初診)の患者さんは62歳の男性で高血圧の治療を受けておられます。

色々なお薬が投与され、中でも血圧を下げる働きをする「降圧剤」の影響で歯肉がごつごつと硬く腫れてきました。近年この降圧剤を服用している方が多くなり、当院でもこの患者さんのようなケースが増えています。

治療は徹底的なプラークコントロールと歯石除去が中心となりますが、場合によっては主治医の先生と相談し、お薬の変更も検討いたします。 最終治療として歯周外科処置を行い、平成9年5月に治療を終了し、年3回の定期検査を続けました。

平成13年9月の定期健診でも健康な状態を保っておられます。 現在は年2回の定期健診に来院され、大変上手に歯を磨いていただいています。

歯科医と内科医が連携して患者さんの健康を見守っております。安心してご相談下さい。

PAGE TOP