各種保険取り扱い
急患・新患 随時受け付け 予約無しでも可

〒540-0021 大阪市中央区大手通2-2-6

TEL:06-6943-5578

予防・メンテナンス

薬で治す無痛歯科治療 3Mix-MP法 CDRG友の会会員 本城歯科医院
HOME»  予防・メンテナンス

予防歯科とは?

生涯、自分の歯を使っていくには歯の健康を維持する必要があります。

むし歯治療ではむし歯になっている部分を削ります。ここで1度削ってしまったものは元には戻りません。治療を繰り返していくうちに、将来的には歯が小さくなり、抜歯のリスクも高まります。
一方、歯周病はお口の中の歯周病菌によって発病します。正しい歯磨きと歯科医による定期的なケアが有効です。歯周病菌は動脈硬化や糖尿病などの全身疾患との関連性もあるとされています。しっかりと予防をすることで全身の健康を守ることもできるのです。

忙しい生活リズムの中で歯磨きをしっかり行う機会が少なくなるとむし歯や歯周病のリスクが上がります。
特に部分入れ歯や矯正器具によって磨き残しが起こるとさらにリスクは上がるでしょう。予防がとても大切です。

むし歯や歯周病の予防として、自宅での歯磨きはもちろんですが、さらに重要とも言えるのが歯科医による定期健診です。
むし歯や歯周病は痛くなっているときにはすでに症状がかなり進行してしまっています。定期健診を受けていれば自覚症状がない初期の段階でむし歯や歯周病を見つけることができます。治療も早期にできるため、歯への負担は少なくて済むでしょう。 歯の健康を考えるなら、痛くなってから歯医者に行くのでは遅く、痛くなる前に治療を行うことが大切です。

面倒に感じる方もいるかもしれませんが、年に1~3回程度で十分です。
いつまでも健康的な歯で美味しく食事を楽しみたいなら、定期健診を受けていただきたいと思います。

「定期健診」は何をするの?

当院では歯の状態のチェックや歯磨きの指導を行うとともに、以下のような専門的なデンタルケアを行っています。
3ヶ月に1度のペースが理想的です。

検査

口内や噛み合わせ、歯周病などに罹っていないかのチェックを行います。
歯の清掃状態も確認することができます。

歯磨き指導

歯の状態から、ひとりひとりに合った歯磨きの方法を指導します。
ちょっとした工夫で磨き残しを防げます。正しい歯磨きを実践していきましょう。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

歯科医師などのプロによる、専用機器を用いた歯のクリーニングのことです。
どんなにきれいに磨いても、自宅での歯磨きには限界があります。
歯のすき間や歯茎との境目には、歯ブラシでは落としきれないバイオフィルムという汚れがあるからです。
PMTCでは、このバイオフィルムも落とすことができます。痛みはなく、矯正治療中の方も行うことができます。

歯石の除去(スケーリング)

スケーラーという専用の器具によって、歯についた歯垢(プラーク)や歯石を除去します。
歯石は歯茎の目に見えるところだけでなく、目に見えないところにも付着します。
1度除去しても再度付いてしまうものですから、定期的に行うことが大切です。

エアフロー

特殊なパウダーを混ぜた水・高圧エアーのスプレー洗浄で歯の表面にこびりついた「頑固な歯垢」や「着色・タバコのヤニ」、細菌のかたまりである「バイオフィルム」を吹き飛ばし、清掃する器具です。

歯や歯茎にダメージを与えずに汚れや着色を除去することができます。使用後は、歯の表面がつるつるになるため、汚れの再付着も防いでくれます。

フッ素塗布

虫歯を抑制し、歯を強くする働きがあるフッ素を塗るだけの治療です。痛みもなく、歯科治療が苦手でも安心。
家庭用のフッ素より高濃度なので、初期の虫歯であればフッ素塗布のみで治療が完了する場合もあります。
歯の生えはじめほど効果が高いので、乳幼児のお子様には最適です。老若男女、すべての方が受けられます。

歯科衛生士によるサポート

自宅でのデンタルケアのみだとどうしても歯の磨き残しが出てしまい、歯垢(プラーク)や歯石が発生し、むし歯や歯周病を引き起こします。定期的に歯科医院での専門的なデンタルケアを行いましょう。

当院には臨床経験20年の歯科衛生士が2名おります。正しい歯磨きのトレーニングにも力を入れており、技術のレベルや術後のケアには自信があります。予防に勝る治療はありません。ぜひお気軽にご相談ください。

歯の神経を残すために

むし歯の程度によっては削る部分が大きく、神経を取る必要が生じることがあります。しかし、歯の神経はとても大切な役割を持っています。安易に取るべきではありません。

神経を取るデメリット

  1. むし歯に気付きにくい
    熱い、冷たい、しみるなどの感覚がなくなってしまい、むし歯があっても進行に気づくことができません。
  2. 歯がもろくなる
    神経とともに栄養を運んでいた周辺の血管も取り除かれるため、健康的な歯に比べてもろくなります。
  3. 歯が変色する
    神経を取ることで歯の透明感がなくなり、黒ずんでいきます。

そこで、当院では「歯の神経を残す治療」を心がけています。

神経を抜かないためには、痛みを感じてからではなく、日頃からむし歯や歯周病の予防として「定期健診」を受けましょう。

歯科衛生士による歯磨き指導を受けて、家庭での徹底した歯磨きを行うことも非常に大切です。
そして、仮にむし歯になったとしても当院なら神経を残すための治療法を検討します。
お気軽にご相談ください。

PAGE TOP